君のいない夜

アラフォーのシンプルライフ、ときどき一人旅

INTERIORFASHIONBEAUTYSIMPLE LIFEMONEYHOBBYTRAVELABOUT

旅するように暮らしたくなるインテリア【オクラウドホテル江南】

そういえば先月プーチンさん再選のニュースを読んでると、2000年以降四半世紀近くに渡りロシアを支配することになるとの一文が目に入りました。

あれ?ソ連崩壊っていつだったっけ???

気になって調べたらなんと1991年12月25日のことでした。

20世紀だ。

はるか昔ですね。

と言うか、最近の若い子はソ連崩壊後に生まれているので、知識としてしか知らないのか。

ゴルバチョフさんとか知っているのかしら。

やくみつるの漫画で見てたなぁ。

やくみつるの漫画ではエリツィン大統領はただのアル中みたいになってたけど、あれなんでだったのかしら。

いつもウォッカを片手に飲んだくれてるイメージでした。

懐かしい。

よく考えたら私も、後10年足らずで半世紀生きたことになってしまうという事実に一人慄く夜。

最近の若い子なんて単語が自然に出てきてしまうあたり寄る年を感じます。

 

エリツィンさんに関するアルコールの話を検索したらこんな記事が。

【エンタメCOBS】ロシアとお酒の面白い話(2012年12月8日)|ウーマンエキサイト

 

江南の素敵なお手頃ホテル

f:id:strawberry26:20180501005735j:image

今回初めて江南エリアに宿泊してみました。

正確に言うと、自分で選ぶのが初めてです。

(ぼったくりツアーでは強制的に宿泊させられてます)

同担のお姉さまにオススメされて選んだのは、新論峴駅に近くて便利な立地の「オクラウドホテル江南」です。

オクラウドホテル江南(ソウル江南>江南・三成(COEX))|韓国ホテル予約「コネスト」

 

暮らしたくなるインテリア

 

f:id:strawberry26:20180501005754j:image

シンプルだけれども必要充分。

広さもあって、ソファもくつろげました。

f:id:strawberry26:20180501005815j:image

このベンチが荷物置き場としてとても便利でした。

これ、昔うちにもあったな。

テーブルとして利用してましたが、こんな使い方も素敵ですね。

我が家は狭いので置けないけれど…。

 

設備も充実

f:id:strawberry26:20180501005837j:image

シンクとレンジがあるホテルって珍しいですね。

シンクは試したらちゃんと水が流れました。

レンジは使用してませんが、日本語での使い方も書いてあったので困らないかと。

f:id:strawberry26:20180501005914j:image

狭いけどクローゼットもあり、中にはアイロンも備え付けでありました。

これ旅行中は案外助かります。

f:id:strawberry26:20180501005934j:image

ただね、バスタブがないのですよ。

シャワーのみ。

冬場もちろん、夏でも湯船につかりたいBBAとしてはマイナスポイントです。

歩き回ってむくんだ足の疲れを取りたいのですよ。

初日は疲れていたのか、足が痛くて夜ゆっくり眠れませんでした。

またバスタブ必須を心に誓う私。

部屋は広々だったので、もう少し部屋を狭くして、浴室にスペースとればよかったのに。

今更だけど。

あとは若干音漏れが気になったかな。

廊下の音とか。

騒音で寝られないとかではないけれど。

 

大きなスーツケースを持って行く方は表玄関からではなく、裏側から行くとスムーズです。

今回知らずに(例のごとく迷子になりながら)裏側から入ったので、大きなスーツケースでも困りませんでした。

正面玄関は扉を手で開けないと行けないし、階段という難関があります。

裏側は地下1階の出入り口で、レストランの横を通って入る感じです。

階段がないのでこちらの方が非力な乙女には良いですよ。

 

と言うわけで、バスタブにこだわらない方にはとてもオススメです。

地下鉄駅もバス停も近いので行動するにはとても便利です。

食事するところもたくさんあるし、何と言ってもコスメショップが大通り沿いに軒を連ねているので、コスメハントにはうってつけかと。

あまり時間が取れなくて、効率的にコスメハントしたいときはとてもいい場所です。

前回紹介した高速ターミナルへも地下鉄ですぐです。

 

空港からのアクセス

f:id:strawberry26:20180501231403j:plain

空港との行き来をバスでする場合、気をつけないといけないのが、バス停が2つあること。

空港を往来するバスの停留所は、道路の真ん中にあります。

市バスも停まるので、複数のバスが使用します。

地図に中央分離帯が2つあるのわかりますでしょうか?

ホテル側が空港からのバスの到着の停留所。

もう1つの先のバス停が空港行きのバスの停留所。

進行方向が逆なので、わかりやすいとは思います。

ここを利用するときは事前に出発のバス停の時刻表をチェックしておくといいと思います。

ホテルのフロントにもあったのですが、バス停の時刻表と微妙に違いました。

ただ、時間通りに来るわけでもないので、余裕を持って行動することを強くオススメします。

乗れなくても15分から20分くらいの間隔で次のバスが来るので、慌てなくても大丈夫です。

ただ、空港バス以外も多くのバスが発着するので目を光らせていないと乗り遅れます。

韓国のバスは乗る意思を見せないと置いていかれますからね。

ソウルのバスに乗るときはとても能動的にならないといけません。

ドラマみたいに追っかけたこともありますが、本当に止まって乗せてくれるので面白いです。

運転は超荒いけど。