君のいない夜

アラフォーのシンプルライフ、ときどき一人旅

INTERIORFASHIONBEAUTYSIMPLE LIFEMONEYHOBBYTRAVELABOUT

シルクとウールの二重編み靴下が、ずぼらな冷え性にピッタリアイテム

こんにちは、ねこです。

しばらく更新をサボっていたのは、お仕事とライブに忙しかったからです。

分かりやすい更新頻度ですね。

仕方がありません。

推しのために生きておりますので、推しへの課金のためにお仕事しなければならないのですから。

推しへの課金の為、推しに会う為、と念仏のように唱えつつ今日も無心に働いておりました。

いやいや、大阪オーラス素晴らしかったですよ。

途中で日産の発表があったので、若干昂ぶっていた気持ちが動揺して涙が引っ込む場面がありましたが、素晴らしかったです。

帰りの電車の中で慌ててホテル探した方も多いのではないでしょうか。

私はもちろん出遅れてますので、既に新横浜は満室。

新幹線で一駅の品川に予約入れました。

赤レンガ倉庫や中華街まで足を伸ばしたいな、と今から目論んでおります。

そんな元気が果たしてあるのか…。

 

シルクとウールの二重編み靴下

f:id:strawberry26:20180111143118j:image

先日可愛い靴下を購入しました。

肌に触れる内側がシルクで、外側がウールの二重編み靴下です。

内側のシルクが汗を吸収し、外側のウールが放湿してくれて、さらりとした肌触りなんだとか。

もちろん、ウールは暖かいので寒い冬にはピッタリです。

たまたま入ったお店で、バイカラーの色合いがとても可愛くて一目惚れ。

おまけに冷え性にも良さげではないですか。

少々お高めでしたが、(確か1600円程度)寒い中ライブ遠征する身には必要なものに思えたので思い切って2色色違いで買ってしまいました。

(また今年もイロチがやめられない…)

 

暖かさはどうなのか?

率直に言うと、買って正解でした。

普通のウールソックスと変わらない暖かさも備えつつ、足先が湿らないのです。

ウールソックスって暖かいから靴の中で軽く汗をかきませんか?

(私だけではないよね…)

ウールは放湿性に優れてるらしいのですが、さらりとする感じはないような…。

もちろん綿の靴下に比べたらしっとり度は違いますが、それでもなんとなく不快感を覚えてました。

自宅に帰ったらまず靴下は脱いでしまいます。

でもこの二重編み靴下はさらりとしてるんですよ。

シルク様のおかげでしょうか?

シルクが汗を吸収して、ウールが放湿する構造なので、ウール自体の機能は変わらないですね。

ただ、肌に直に接するシルクがいい働きをしてくれているようです。

最近シルク靴下で、冷えとりする重ね履きとかよく見かけます。

冷えはとりたいけれども、何重にも履くのがめんどくさいと感じる私の同類のあなた。

これは買いです。

1枚で重ねばき効果が感じられるのです。

もちろん冬のライブには大活躍。

足元の寒さはこれっぽちも感じませんでした。

 

あと、ウール靴下の洗濯後がひどい状態になりやすくないですか?

おそらく私の簡易な選択方法がウールソックに対応していないのでしょうね。

洗濯機で普通にグルングルン洗うと、あっという間に毛羽立ちと毛玉が…。

手で押し洗いしないといけないのでしょうか。

めんどくさくてやってられないです。

でも二重編みソックスは比較的(今の所)さほど毛羽立ちも目立たず、毛玉も存在しません。

はき心地はいいわ、メンテナンスも簡単だわ…となるとこれは次回の靴下選びにエントリーは間違いありません。

問題は気にいるバイカラーをまた出してくれるのか。

今現在、私が購入したお店のネットショップでは取扱がない模様。

今シーズンはもう良いかな、と考えているので、次の冬に向けて見かけたら購入すよういつも気にかけたいと思います。

 

ミニマリストな足元のおしゃれ

ミニマリストたる者そんな簡単にものを増やすとは何事だと各方面から怒られそうですが、インスピレーションも大事です。

次はもう出会えないかもしれませんしね。

とりあえず、この靴下がかなり役立つことが判明したので、プライベート用の少しくたびれた古い靴下は断捨離する段取りです。

適正量を守らなければ収納スペースから簡単にはみ出てしまいます。

2年前に購入した靴下はかなり履き古しているようなので、さよならです。

 

そろそろ制服化も春バージョンを感がないといけませんね。

最近洋服関係の更新が途絶えているのはそれどころはないのと、洋服をほとんど購入していないからです。

また暖かくなるのであれば、ユニクロ観察と冬の制服化の振り返りなど記事にして、頭の中を整理したいと考えています。

 

制服化はこのまま継続しますが、中身を変えるかどうかが焦点ですね。

軽い飽きも入っているので…。